Home

普明会教団「合同祭祀墓」の要旨

このたび普明会教団は、静岡県小山町にある財団法人冨士霊園に「合同祭祀墓」を設けました。

ご先祖は子孫代々の者たちで祭祀していくというのが本来の姿ですが、それがなしえぬときは、縁のある者たちにより祭祀していく、というのが戸次貞雄の教えです。そこで普明会教団は、同信とそのご先祖を無縁とせず、教団の存続する限り祭祀し供養するという趣旨により、今回の「合同祭祀墓」建設の運びとなりました。

「合同祭祀墓」の場所は、冨士霊園内の鹿島家の墓所の並びにあり、教団関係者の参拝しやすい場所にあります。墓所の敷地は広くカロウトの中に約1200体の骨壺を収納できます。

「合同祭祀墓」の対象者は、同信の方とそのご先祖、ご家族の方々です。

管理運営は、(※)社団法人B・S顕彰会で行います。

登録の申し込みをしたい方は各道場にて受け付けます。

納骨予定の同信の方を原則として会員とします。

平成27年2月15日                      普明会教団

社団法人 B・S顕彰会

追記

当初の予定では、当墓所は、同信の方々とそのご先祖を無縁にしないためのものでした。しかし子孫のある方々からも、当墓所をみずからの先祖代々の墓所にしたい、との要望がありました。その理由は、無縁にならないようにするためには、一家一族皆で拝めるような墓地が必要であるが、そのための大きな墓地は値段が高く利用できない、その他寺院による事情でそれがなしえない、とのことでした。このような世相を考慮すれば、当要望も、ご先祖は子孫の者たちで協力して祭祀していくというご恩師の教えから逸脱するものではなく、かえって教えを実現するためのものとも考えられます。そこで、協議の結果、子孫のある方々も、先祖代々の墓所として使用をすることが可能となりました。その際、関係者のどなたか一人に、特別会員になっていただきます。

年1回この墓所の運営等に関しての会議を予定しています。会議の出席者は、社員・理事・特別会員・会員です。

平成27年4月16日                      普明会教団

社団法人 B・S顕彰会

合同祭祀墓カロート内部詳細

合同祭祀墓真上よりの図

カロート内部立体図

カロート平面図